ボヤン・ボグダノヴィッチ、ユタ・ジャズに移籍決定

UTA

マイク・コンリーを獲得するために、スリーポイントシューターのカイル・コーバーとジェイ・クラウダーを放出したユタ・ジャズ

2人に代わる強力なスリーポインター、ボヤン・ボグダノヴィッチを獲得しました。契約内容は4年間・73ミリオンドルとのこと。

ボグダノヴィッチはケビン・デュラント、カワイ・レナード、クリス・ミドルトンに次ぐ今夏フリーエージェントになったスモールフォワード。インディアナ・ペイサーズと再契約するかと思われていましたがジャズに移籍となりました。

昨季は1試合平均18.0得点、4.1リバウンド、2.0アシストを記録。フィールドゴール成功率は49.7%、スリーポイント成功率が42.5%で大ケガでシーズンを離脱したビクター・オラディポの穴を埋めました。ジャズはコーバーやクラウダーを上回る強力なスリーポインターを獲得できたのに対して、ボグダノヴィッチを残せなかったペイサーズは非常に痛いでしょう。

ジャズはマイク・コンリー、ドノバン・ミッチェル、ボヤン・ボグダノヴィッチ、ジョー・イングルス、ルディ・ゴベールの強力なラインナップで来季を戦います。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

(任意)
(任意)