NBA 2K20のレーティング(能力値)が発表。ランキングトップはレブロン

NBA

全世界での販売本数9,000万本以上、NBAビデオゲームとして過去18年間にわたって最高の評価と売上を誇るNBA 2Kシリーズの最新作「NBA 2K20」が9月6日(金)に発売されます

カバー選手にはロサンゼルス・レイカーズに移籍したアンソニー・デイビス、昨シーズンで現役を引退したドウェイン・ウェイドがレジェンドエディションのカバーに選ばれたことが発表されましたが、レーティングについても明らかにされました。

以下が発売前に公表された「NBA 2K20」のレーティングランキングトップ20。レーティングは発売時のもので定期のアップデートで変更されます。

うーん、、、レブロン・ジェームズとアンソニー・デイビスに忖度しすぎじゃないかな、、、というランキングですね。プレーオフにすら出られなかったのにシーズンMVPのヤニスを上回り、ファイナルMVPのレナードと同位はちょっと納得がいきません。今年のレブロンはオフェンスこそ良かったものの、ディフェンスは良くない場面が目立ちました。

また、MVP候補3位のポール・ジョージがアンソニー・デイビスより下というのも不自然。デイビスはカバーに選出されているため能力値をあまり下げたくないのでしょうか。

ロサンゼルスはでかい市場、今年は優勝候補ということもあってチームに注目が集まるのはわかりますが、補正がかかりすぎのような気がしますね・・・

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

(任意)
(任意)