ジェームス・ハーデン、ワールドカップを辞退か

HOU

8月31日から開幕するFIBAバスケットボールワールドカップ

日本と同じリーグに入ったアメリカはトッププレイヤーの出場辞退が続出。トップ10プレイヤーと呼べるのは昨年のシーズンMVPに輝いたジェームズ・ハーデンぐらいになっていたが出場を辞退するようです。

辞退理由はクリス・ポールとのトレードでラッセル・ウェストブルックが加入するなどチームの変化に対応するため。

また、ハーデンがチームの変化を理由に出場を辞退することでエリック・ゴードンやPJタッカーなどほかのロケッツメンバーも出場を辞退する可能性があります。

ロスターの発表はこれからですが候補は以下のとおりです。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

(任意)
(任意)