楽天、新NBAリーグパスの料金プラン発表。月額990年から、Rakuten TVも統合へ

NBA

楽天が2019-20シーズンよりスタートする新NBAリーグパスの料金プランを発表しました。料金プランは全4種類で税込み月額990円から利用できます。

BASIC PASSTEAM PASSLEAGUE PASSSingle Game
プラン内容日本人選手/スター選手が所属する人気チームの試合を中心に、NBA Rakutenが選ぶ注目試合が見放題選択した1チームの全試合が見放題NBAの全30チームの全試合、歴史に名を刻んだレジェンド達の名シーンを振り返るクラシックやスター選手の貴重なドキュメンタリー、24時間放送のNBA TV等、すべての動画が見放題有料の動画を1本ずつ個別に購入して視聴。動画の視聴期間は購入から7日間
価格(App Store)月額1,000円
年額7,700円
月額1,450円
月額15,400円
月額2,700円
月額19,800円
600円
価格(上記以外)月額990円
年額7,700円
月額1,430円
月額15,400円
月額2,640円
月額19,800円
550円
視聴可能な試合数シーズン中、週9試合以上
(平日1試合以上、休日2試合以上)
選択したチームの全試合全試合1試合

旧プランはRakuten TVが月額972円、年額7,560円、LEAGUE PASSが月額2,400円、年額22,000円。チームチョイスが月額1,300円、年額14,000円。ゲームチョイスが月額940円、年額9,300円でした。いずれも税込み。10月1日から値上げされる消費税を考慮しても若干の値上げになっていますが、ライブチャットやスタッツやデータの強化、パワーアップしたオリジナル番組、コート外の選手の素顔にフォーカスしたドキュメンタリー、インタビュー動画なども配信されます。

なお、Rakuten TVの「Rakuten NBA Special」は、BASIC PASSに自動的に以降されます。9月19日13時以降は新サービス開始にともなう準備期間に入り、解約手続きができなくなるため注意しましょう。

タイムライン

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

(任意)
(任意)