D.ラッセルがティンバーウルブズ、A.ウィギンスがウォリアーズにトレード移籍

GSWMIN

ディアンジェロ・ラッセルがミネソタ・ティンバーウルブズにトレードで移籍しました。

ウォリアーズはラッセルに加えてジェイコブ・エバンスとオマリ・スペルマンを、ウルブズはアンドリュー・ウィギンスにトップ3プロテクト付きの2021年1巡目指名権、2021年2巡目指名権をトレードします。

これによってウォリアーズのロスターは9人。残り5つを埋める必要があります。15番目のロスターはラグジュアリータックスを回避するためにわざと空けておく必要があります。1つはカイ・ボウマンで埋められました。もう1つは2way契約のマーキーズ・クリスのものでしょう。ウォリアーズはバイアウト市場から2つのロスターを確保するものと思われます。

さて、ドラフト1位で指名されながらも期待に見合った活躍ができていないウィギンスですが、ウォリアーズで活躍できるのでしょうか。カリー復帰まではファーストオプション、復帰後はセカンドオプション、来季トンプソン復帰後はサードオプションとしてプレイすることになります。現地の報道ではウルブズよりもウォリアーズの方がウィギンズのプレイスタイルに合っているとも報じられています。

そもそもウォリアーズはウィギンズを長期にわたって使い続けるのでしょうか。来夏また別のチームに移籍する可能性もゼロではないでしょう。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

(任意)
(任意)