アンドレ・イグダーラ、バイアウトされずトレードか

GSWMEM

ケビン・デュラントとディアンジェロ・ラッセルのサイン&トレードによるゴールデンステイト・ウォリアーズのサラリー問題からメンフィス・グリズリーズにトレードされる予定のアンドレ・イグダーラ

NBAファイナルという最高の舞台で最高のプレイヤーであるレブロン・ジェームズを抑え、ファイナルMVPを獲得。チームに40年ぶりの優勝をもたらしたプレイヤーに対して非情な決断が下されましたが、それに加えてグリズリーズはイグダーラをバイアウトする予定と報じられました。

イグダーラは2017年にウォリアーズと3年契約を結んでいて来シーズンで契約が終了しますが、バイアウトによって契約が早期終了し、制限なしのフリーエージェントになるため新たなチームと契約を結び直すことができます。

バイアウトされた場合、レイカーズが接触するとみられていましたが、EPSNによるとグリズリーズはイグダーラをバイアウトする予定はなく、トレード市場に出すとのこと。

トレードの場合、ロスターが足りず、指名権もないためレイカーズはイグダーラを獲得できません。

35歳ながら衰えない跳躍力と熟成されたディフェンスで今年のプレーオフでもクラッチスティールを繰り出し、ポートランドトレイル・ブレイザーズを撃破したイグダーラにはヒューストン・ロケッツやダラス・マーベリックス、など複数のチームが興味を示しているようです。

ウォリアーズの敵に回れば面白いですね。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

(任意)
(任意)