マーベリックス、アンドレ・イグダーラのトレード獲得はなし?

DAL

ケビン・デュラントとディアンジェロ・ラッセルのサインアンドトレードの影響でゴールデンステイト・ウォリアーズからメンフィス・グリズリーズに放出されたアンドレ・イグダーラ

現在、ウェスタン・カンファレンスの上位にランクインしているダラス・マーベリックスが獲得に動くのではないかと報じられていましたが、Marc Steinによるとマーベリックスはトレードによる獲得には積極的ではなく計画もないとのこと。

複数のチームが獲得を計画していると報じられているイグダーラですが、サラリーが主力クラスの17Mのため、主力同士または有望な若手と指名権を絡めたトレードになるでしょう。しかし、そこまでの対価を払えるチームが多くないため、イグダーラの移籍先が確定するまでかなり難航するはずです。

ただ、グリズリーズはトレードが終了する現地時間の2月6日までにイグダーラの移籍先が決まることを確信しているとのこと。イグダーラの獲得に乗り出すのはロサンゼルス・レイカーズ、ロサンゼルス・クリッパーズ、ヒューストン・ロケッツなどと見られていますが、いずれもバイアウトでの獲得になると見られています。

なお、イグダーラの年齢、そして契約が残り1年であることや再建中のグリズリーズが優勝を狙えるのはまだ先のため、同じウェスタン・カンファレンスに送ることの懸念はないはずです。

個人的にはロサンゼルスの2チームが獲得しても勢力が変わらず、面白くないのでマーベリックスあたりに移籍して欲しいなと思います。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

(任意)
(任意)